▲資料請求は三校まとめて資料請求をして下さい▲

勉強の戦略方法その2

計画を立てて勉強する



だらだらと勉強してもさっぱり効果がでないということが多々あります。勉強には計画が必要です。それもなるべく細かい計画が必要です。なぜ計画を立てる必要があるのでしょうか。それは、受験日から逆算して今やるべき学習内容がわかるので、何に取り組めばいいか目標ができることです。計画を立てると何をどこまで勉強すればいいのかはっきりしてきます。勉強計画を立てて毎日しっかり勉強に取り組みましょう。

計画を立てるには


まず、必要なことは志望大学を決めることです。どの大学に入りたいかはじっくりと考える必要があります。そのためには事前に大学のカリキュラムを知っておくといいです。自分がやりたい専攻科目があると、やる気が出てくるものです。また、偏差値も参考にするといいです。今の自分に見合った大学を目標にして、そこから勉強していくと人間欲が出てきてもっと偏差値の高い大学に行きたいと思うようになっていきます。

②入試までの1ヶ月単位での計画を決める
たとえば数学なら数Ⅱをこの1ヶ月でしっかりマスターしようという計画をたてましょう。これは早めに計画を立てるといいです。早めに計画を立てるとき、大事なのは苦手項目を克服するという計画を立てることです。受験日近くなってから苦手事項に取り組んでもはっきりいって後の祭りです。早めに計画を立て、苦手事項を克服していきましょう。

1週間の具体的な計画を立てる


1ヶ月単位で勉強計画を立てたら次はその計画を達成するためには、今週何を勉強したらいいかが見えてきます。ここで大事なのは、どのくらいでもいいのですが、数字を使って計画を立てることです。たとえば「50個英熟語を覚える」とか「数学の偏差値を1上げるとか」などいろいろあります。ただ「苦手科目を克服する」などの漠然とした計画だと何をどうしたらいいか分からなくなってしまいます。はっきりと目標を定め、その数値を目指して勉強に取り組みましょう。

今日の計画を立てる


1週間ごとの計画を立てたら、さらに1日ごとに何をやるかを決めていきます。この時も数字を使って計画を立てるといいです。単語帳を使うなら「英単語の単語帳を10枚作る」とか「古文文法を10個マスターする」などです。毎日の計画を立てることで、1週間の計画も練り直していくことがあると思います。それはそれでいいのです。自分に見合った計画を立てることで、本当の実力がついてきます。

以上3点述べました。ぜひ参考にして日々の勉強に励んでください。
▼資料請求は三校まとめて請求をして下さい▼

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。